事務所概要

事務所名内記武志税理士事務所
所長名
内記武志(ないきたけし)
所在地〒9391301 富山県 砺波市石丸358番地
電話番号0763-55-6035
FAX番号0763-55-6036
業務内容

・税務・会計・決算に関する業務
・税務申告書の作成及び書面添付
・自計化システムの導入支援
・酒類販売業免許申請書等の作成、酒税業務に関する相談
・資産譲渡・贈与・相続の事前対策と納税申告書の作成
・税務調査の立会 ・資産活用、建物及び土地に関する相談 ・保険指導
・経営相談等

事務所紹介

 内記武志税理士事務所は富山県内、石川県金沢市内及びその近隣地域を主な業務エリアとして活動しています。

 平成29年9月に富山県砺波(となみ)市の自宅2階にて開業以来、税務・会計・決算に関する業務、税務申告書の作成及び書面添付、自計化システムの導入支援、酒類販売業免許申請書及び酒税関係各種申請・申告・届出書の作成、酒造会社及び酒販店等の経営相談、資産譲渡・贈与・相続の事前対策と納税申告書の作成、税務調査の立会い、資産活用・建物及び土地(賃貸・有効利用等)に関することの相談、保険指導、経営相談等のサービスを提供させていただいております。

 お客様との信頼のもと、ニーズに合ったサービスが誠実に提供できるよう、日々精進しております。
 税務、会計、自計化、資産活用、保険等でお困りのことがあれば、お気軽にお問合せください。 

所長挨拶

 私は、富山県内の高校を卒業後、国家公務員として、国税の職場に42年余り勤務し、平成29年7月に定年退職しました。同年8月に税理士登録を行い、同年9月に富山県砺波(となみ)市の自宅2階にて税理士事務所を開業、TKC全国会に入会し、現在に至っております。

 国税局及び税務署での勤務経験を生かし、『意志あるところに道は開ける』の言葉のもと、チャレンジ精神で税理士登録を行い、60歳で事務所を開業いたしました。

 国税の職場では、主に間接税関係(酒税・消費税・印紙税等)の事務に従事するとともに、法人課税部門及び国税局調査課にも在職しており、また、退職前2年間は金沢国税局税務相談室に勤務して、国税全般の電話相談をも行っておりました。

 酒税事務に長く携わっていたことから、酒造会社及び酒販店等の記帳相談・経営助言、酒類製造者及び販売業者の申請・申告・届出等の書類作成、酒類製造及び販売業免許申請関係書類の作成も行います。

 お客様との信頼関係のもと、TKC方式による会計ソフト、自計化システム(FXシリーズ・e21まいスター)の導入を基本に、毎月訪問し、監査により「適時かつ正確な会計帳簿の作成」を行い、月次決算後の最新の経営成績、財政状態を分かりやすくご説明します。そして、経営者との相談に応え、誠実で丁寧な仕事をすることをモットーに各種の取組を行っていきます。

 個人事業者、事業規模が小さい企業であっても、事業の存続及び業績アップのためにはいろいろなことが必要になります。どんなことでもご相談ください。

 当事務所は、お客様との信頼関係のもと、誠実に取り組み、お客様の成長・発展をご支援しますので、是非、一度お問い合わせください。

所長 内記武志

所長経歴

昭和50年4月1日 ~   平成4年7月9日

東京国税局管内の税務署等に17年余り勤務

平成4年7月10日 ~   平成29年7月9日

金沢国税局酒税課・調査課・税務相談官、富山税務署酒類指導官、金沢税務署酒類指導官・法人課税部門統括国税調査官に勤務(25年)
平成29年8月24日税理士登録
平成29年9月1日内記武志税理士事務所を自宅2階にて開業

所属団体・資格など

所属団体等北陸税理士会 砺波支部所属

TKC全国会 北陸会富山県支部会員

砺波法人会 賛助会員

砺波商工会議所 会員

石川県少年サッカー連盟 (副会長)
資格等税理士

危険物取扱者(乙種第4類)

事務所外観など

事務所(自宅)前風景(平成29年12月15日)

 事務所の玄関から、立山連峰(雄山・剣山等)の日の出の景色が見られ、また、庭の樹木が四季折々変化を見せ、心を和ませてくれます。

事務所(自宅)玄関(平成29年12月15日)

 玄関前に駐車スペースはあり。 

 お客様との大事な打合せは2階の事務所兼応接にて行います。

内記武志税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

 北陸税理士会 

  お客様との信頼関係のもと、誠実に取り組み、お客様の成長・発展をご支援します。

 平成30年5月11日 事務所の庭に咲いた「つつじ」撮影